転職するなら看護師5年目が狙い目?!

転職を考えるタイミングは人それぞれですが、看護師の場合は勤務5年目が適しているといえるでしょう。もちろん、1つの職場で働いて5年経過しているということですが、なぜ5年目が良いのでしょうか。

今回は、3つの理由について解説していくことにします。まず1つ目は、看護師の業務をほとんど熟知し、経験しているということです。

1つの職場で5年も働いているのであれば、看護師としての仕事はほとんどこなせる状態になっています。ですから、場合によってはリーダーとして現場を仕切ることもあるでしょう。 また、仕事に対してある程度の自信を持っていますし、かといってベテランの看護師のような癖があるわけではないため、転職先でも丁度扱いやすい人材として重宝されることが多いのです。

2つ目の理由は、長期間に亘って働く可能性が高いということです。すでに5年も1つの職場で勤務してきているわけですから、短期間で退職する可能性は低いと捉えてもらうことができます。

それじゃなくても、現在は看護師が不足しているといわれていますし、採用する側としても、できるだけ優秀な看護師に長く勤めてもらいたいと考えているものです。 ですから、1つの職場で5年も勤めてきて、ある程度の経験を積んできた看護師ということであれば、是非働いてもらいたいと思われることがほとんどだといえるでしょう。

最後の3つ目ですが、仕事に対する変な癖が身についていないため、新しい環境に馴染みやすいということです。 例えば、10年以上特定の診療科目で勤めていたとなると、別の診療科目を経験したいと思っても、なかなか仕事が決まらないということが起きてきます。

なぜなら、癖が身についてしまっているからです。基本的な看護師スキルはどの診療科でも大体似ているものですが、一度身に付いた癖はすぐに直るものではありません。 しかし、5年程度の経験でれあば、そこまでおかしな癖が付いているわけでもなく、また今までの経験を活かしつつ、新しいことも覚えていける年齢であるため、新しい職場でも歓迎されやすいのです。

メニュー

ページの先頭へ