看護師の転職先・病院・診療所

多くの看護師が転職先に選ぶ病院と診療所ですが、違いは何でしょうか。 それぞれの特性を理解して自分に合った職場を選んでください。

病院と診療所の境目は、ベッド数にあります。具体的には、 入院施設が20床以上ある施設が病院を名乗ることができ、 19床以下は診療所やクリニックなど病院以外の名称を名乗ります。

診療所は入院施設が無い施設も多いです。

ベッド数の違いによる看護師の仕事の違いは、第一に入院施設の無い 診療所などに勤めると夜勤が無く、日勤のみの勤務形態が多いという ことです。

日勤のみの勤務は、自身の体調管理もしやすく、家庭との両立も 図りやすいので人気があります。24時間体制で入院患者のケアを している病院に比べて、残業になる可能性が少ないのも人気の理由です。

人の死に立ち会う機会が少ないのも理由の一つかもしれません。

反面、入院施設のある病院は、夜勤や残業・休日出勤などが多く その分の手当が付きますので、収入の面では圧倒的に優位です。

ベッド数の多い病院に勤めていると、色々な症例に深くかかわれるので、 経験を積むという意味でも病院を選ぶ看護師も多いでしょう。 キャリアとしても大きな病院に勤めた方が認められやすいです。

第二に、入院施設があってもベッド数が少ない診療所などでは、 担当の患者が限られていますので、患者とより親密な関係が築けます。 入院から退院まで、一人の患者の経過をずっと見守ることが できるので、精神的な満足感が得られるという看護師も多いです。

患者一人一人をしっかりと認識して看護したい看護師には、 小規模な診療所が向いているでしょう。

一方、大規模な入院施設のある病院では、難しい症例や重篤な 患者のケアを経験できます。医療の最先端を学べるのは、 大きな魅力だと言えるでしょう。大病院の看護師としての経験を 積むことで、自信に繋がる場合もあると思います。

ただし、大病院のなかには(残念ながら)准看護師の採用に積極的でない 病院もあります。准看護師の方で病院勤務を希望される方は、下記の サイトが参考になるかもしれません。

入院施設の多い病院、入院施設の少ない診療所、入院施設の無い 診療所、それぞれ違った大変さがありますし、やりがいもあるか と思います。自分に合った働き方を良く考えて決めてください。

メニュー

ページの先頭へ