看護師の転職・退職時の注意点

転職先が決まったら、現在の職場を退職しなければいけません。 同じ業界への転職の場合、前職の評判が噂として流れてくることも ありますし、採用する前に以前の職場へ問い合わせされることも ありますので、なるべく円満に退職しましょう。

退職後、ツアーナースとして働くにしても、退職のいざこざが長引けば、 ツアーナースのお仕事にも影響が出ますからね。注意したいところです。

まず退職届けは、退職の1ヶ月前には出しましょう。 法律では2週間前でも問題はありませんが、一般的には1ヶ月前には 出すのがマナーです。引継ぎや後任探しの時間を充分にとる必要が あるからです。

職場によっては、就業規則で3ヶ月前などと定めている場合もあります。 就業規則で定められている期間があまりに長過ぎる場合は、 従うかどうか良く考えて話し合いましょう。円満退職をするためには、 ある程度の歩み寄りも大切ですが、次の仕事への影響が大き過ぎる場合は 多少揉めても退職してしまった方が良いケースもあります。

退職を願い出た後に、引き止められて思い止まることもありますので、 退職することはあまり周りに話さない方が良いでしょう。

無用な揉め事にも発展しかねません。周りに退職することを話して しまったことで、他の人に先をこされて退職のタイミングを逃すなんて こともあるかもしれません。自身の退職が本決まりになって上司から 発表があるまでは内密にしておきましょう。

退職届けの書き方には一般的な雛形がありますので、書籍やネットで 調べて、宛先や日付、退職理由など常識的な内容で書きましょう。 何か深い事情があっても一身上の都合と書くのが普通です。

退職する際には、引継ぎをしっかりと行うのは当然ですが、 それ以外にも会社から貸し出されていた物の返還も忘れずに行いましょう。 制服やネームタグなどの備品と、忘れがちなロッカーの鍵などです。 私物の忘れ物にも気を付けましょう。

退職後に必要になる離職票や雇用保険の被保険者証などの書類の確認も 慎重に行ってください。年金手帳を職場に預けていた場合は返還して もらいましょう。

次の仕事を気持ち良く始めるためにも、今の職場を気持ち良く辞めましょう。 最後の出勤の日には菓子折りなどを持参するのもいいかもしれません。 また同じ系列の職場へ転職することもあるかもしれませんし、 前の職場との縁が続いていくような転職が理想的ですね。

メニュー

ページの先頭へ