介護保険制度の基礎知識

高齢化社会といういうよりも高齢社会に突入している日本。 ライフスタイルの変化や医学に進歩によって平均寿命が延びています。 そしてどんどんと高齢化は進む一方です。

そういったなか、2000年に介護保険が設立されたのです。 看護師の基礎知識である介護保険を説明いたします。

訪問看護サービスでの介護保険と医療保険では、対象の利用者様と報酬部分 が主要な相違点です。訪問介護ステーションを利用される皆様の大半は 介護保険制度の対象者なのです。介護保険と訪問看護医療保険のいずれが 適用されるか混乱しないように理解をしましょう。

介護保険の運営をしている保険者は、各加入者になります また、介護保険の被保険者が市町村になります。 介護保険の対象になるのは40歳以上の皆様です。 そして保険料を納めることが義務づけられています。 介護保険制度は、介護が必要な場合に費用の一部分だけの自己負担で 介護サービスを受けられるのです。

介護保険のサービスは次のようなものがあります。

・介護保険施設(「介護老人福祉施設」「介護老人保健施設」「介護療養型医療施設」の三種類)の利用。
・小規模機能居宅介護。
・認知症に対応する共同生活介護等の地域密着タイプのサービス。
・訪問介護や訪問看護。
・福祉用具のレンタルや販売などの訪問サービス。
・短期間の入所。
・通所サービス。
・ケア付き住宅。

それでは、介護サービスを受けるにはどのようにしたら良いのでしょうか? 予め決められた手続きをしなければ、介護保険を利用して介護サービスを 受けるととができません。

本人または家族から介護が必要である旨、申請をします。 その後、利用者様の身体の能力や介護の必要度をケアマネージャーが訪問して 審査をしたり、かかりつけのドクターの意見書とともに確認をしてもらいます。 結果、介護の必要レベルに対応した要介護度の判定と認定がされた後、 介護サービスをうけられるのです。

家族や介護を受ける本人は、利用したい介護サービスの中身のケアプランを ケアマネージャーと協力して作るのです。 ケアプランの作成をしたり、サービス業者の手配をしたり、介護保険の相談や アドバイスをするのがケアマネージャーです。

2012年は、診療報酬の改正と介護報酬の改正が合わせて実施されます。 それらの報酬点数は、相互に誘導もしくは補完すると考えられるのです。 緊急に高齢者用の介護施設を増やすための誘導施策が含まれるでしょう。 日本の65歳以上の高齢者の増加率は世界一なんです。

けれども介護施設や高齢者住宅の定員の割合が低いからです。 そして高齢化に連れて障害をもつ老人達が増加する事になります。 彼らをサポートする介護事業に働く人達の労働条件の改善も希望されているのです。

高齢者に対し、医療から介護へのシフトが行われるでしょう。 そして施設サービスから在宅サービスへのシフトを促進する提案が 行われると考えられます。

メニュー

ページの先頭へ