子育てと看護師の両立

看護師はハードな仕事です。子育てをしながら看護師としての仕事を こなしていくのには、何か秘訣があるはずです。

両立するための注意事項や、乗り越えなければならない課題など。 子育てと看護師の両立について具体的に考えてみましょう。

病院によって違うのですが、出産休暇や育児休暇の制度があるならば、 利用できますね。就職する前に結婚とか子育ての事を想定して働く 病院を決めることは少ないかもしれません。 ですが、できるだけそういった条件も確認すると良いでしょう。

以下のサイトは、看護師の方が転職を検討する際によく利用しているサイトなので、 よかったら参考にしてみてください。

一番のポイントとなるのは、出産休暇から復帰した後ですね。 どういった具合に仕事と子育ての両立をすればよいのでしょうか?

患者様がお相手ですから、勤務時間が決まっても急な仕事が入るケース もありますね。そんなときでも、看護スタッフの相互理解や連携ができれば、 十分に子育てはできるでしょう。

たとえば、もしも勤務先の病院に付属の保育園があるなら凄く良いですね。 そういった保育園ならば延長保育もしていただけるでしょう。 なんとか頑張って時間内にお子様を迎えに行く事も可能ですね。 ぎりぎりまで仕事ができるのでこれは大きなメリットです。

どうしてもお迎えが難しならば、ご主人に迎えをお願いすることも できるのではないでしょうか? ご主人の勤務先が近いならばそういった対応は十分に可能ですね。 いろいろなケースを想定して保育園選びも慎重にするのが良いでしょう。

またあなたのご実家かご主人のご実家が近い場合、ヘルプをお願いする という選択肢もあります。 いずれにしても周囲の皆様の協力がなければ、実現しないのです。

なにもかも、全部自分でやろとしてもどこかで限界があります。 そうなるとお子様にも負担がかかるし、病院にも迷惑がかかってしまうのです。 そうなる前に、自分がどこまでできるかという事を周囲の人達に理解して おくことは凄く大切な事だと思います。

ご本人の体調が悪くなったり、精神的ストレスが増加してしまったら、 子育てと仕事の両立は不可能です。 看護師の仕事自体がキチンと出来なくなってしまっては、働く意味がなくなります。 きちんと仕事の責任を果たすことも大切です。

ですが同時に家庭を守る事も本来の目的であるハズですね。 ご主人と助け合えるような事も予め相談しておくと、精神的にも強い支えに なってくれると思います。

ハードな勤務の代表格の看護師。 そんな看護師の仕事と子育てを両立させるには、周囲の協力がなければできないのです。

メニュー

ページの先頭へ